タイ、ミャンマー、ラオス女性とのお見合い、国際結婚をサポート。信頼第一のスタッフが心優しいタイ人女性をご紹介いたします。

アジアンマリッジ企画 タイと日本の国際結婚を応援いたします

ホームへ戻る
安心の国際結婚サポート
テレビお見合いについて
new
東京オフィスについて
ラオス友好の会
new
ラオス業務提携のご案内
会員様専用ページ
フォトアルバム
結婚情報センターつくし会
国際結婚Q&A
タイの女性について
お見合いから結婚まで

new
ラオスのシステム
セキュリティ
RapidSSL Site Seal
当サイトは128bit-SSL暗号化によるセキュア通信が提供されています。SSL通信中はウェブサーバとあなたのブラウザの間は最高レベルの暗号化によって、第三者からの盗聴・改ざん・成りすまし等から保護されます。
プライバシーポリシー
ご入会はこちらから
会社概要
特定商取引法
資料請求
お問い合わせ
感想やご要望をお気軽にどうぞ
国際リサーチ
リンク集
行政書士 つくし中央法務事務所
平和と悠久多彩文化の国 ラオスの紹介

タイのお隣の国ラオスにとって最大の援助国は日本であり、現在も援助国として1位の座を占めています。

タイとラオスの友好の橋、幹線道路、公共施設の寄与など日本はラオスに大きく貢献しております。

ビエンチャン市内でも所々に感謝の碑が建てられているのが目にとまるのが印象的です。以前一時フランスの植民地になった時代があり西洋人に対しての憧れも有るようですが、近年日本に対しても目を向けるラオス人が増えてきており親日的な国民性です。

ビザは15日以内であれば免除です。
(ラオスの入国ビザはASEANビザ相互免除協定国及び日本国籍のパスポートを有する者、他一部の国を除いてビザの取得は必要であり日本人のビザ特別免除はODAの感謝の意を込めていると言われています。)

ラオス基礎データー

公式名称 ラオス人民民主共和国
地理 ラオスは、インドシナ半島の中央に位置し南北に長く北は中国、東はベトナム、南はカンボジア、西はタイとミャンマーに接している。海に面していない内陸国
面積 24万平方キロ (日本の本州と同じ)
人口 約650万人  (北海道並み)
首都 ビエンチャン 69万人
宗教 仏教徒60% 他キリスト教 土着信仰など
最低賃金 約3000円程度

ラオスの経済状況

ラオスはミャンマーと並び国連から最貧国に分類されています。

ラオス人一人当たりのGDPは年間360$と低く、またラオスの就業人口の8割は農業に従事していますが、主は自活のための農業であり生産性は低いのが現状のようです。

また内陸国というハンディキャップが物流を悪くしており経済発展の足かせになっている面も否めません。

因みに国連開発計画(UNDP)が毎年発表する「人間開発指数」(HDI;Human Development Indicator)では、対象国177か国の中で、ラオスは135位、東アジアでは最下位にランクされています。
ベトナムは77位、カンボジアは130位、ミャンマーは132位です。

さらにUNDPは、水や安全、保健医療面などの指標を基にして「人間貧困指数」によると開発途上国95か国中ラオスは66位であり、ベトナム41位、ミャンマー45位、カンボジア74位となっています。
ラオスはミャンマーより貧困指数が高いと言えるでしょう。

しかしアジア新興国の中でも高い経済成長を続けるラオスは、政情の安定を背景に証券取引所を開設するなど世界の投資家たちがラオスの市場に注目を集めだしています。

現在のラオスを新新興国と名付けられるようにまでなりました。

ラオス女性について(一般論)

ラオス女性は素直でやさしい性格が特徴

会っていただけると分かりますが、ラオス女性はとてもシャイでやさしい性格です。
2011年現在ではまだ黒髪の女性も多く、素朴であることが分かるでしょう。
その為ラオスの女性は初対面時俯き加減で大人しく物足りないかもしれません。
しかし打ち解けてくると意外と人懐っこさが徐々に現れてきます。またラオス女性は個人差はあるものの一般的に短気ではなく気性の激しい性格では有りません。

ラオスは、男社会で女性は男性に対して控える文化

ラオスでは一般的に女性と男性は対等に交渉ができないほど男社会です。
その面で昔の日本社会と似ているところがあり、タイムスリップして昔の控えめな日本女性と逢っているようです。

国籍を問わず離婚のリスクをできるだけ下げたい方は素朴な女性が一番!

素朴な女性とは、ナチュラルで飾り気がなく素直な女性のことです。昨今東南アジア諸国は経済発展をしてきており素朴な女性が少なくなってきているのはご存知のとおりです。(タイも2011年7月に世界銀行から中国と同じ中高所得国に引き上げられました。)
ある意味で先進国的な価値観に汚染されていないミャンマー、ラオス女性は今後貴重な存在になってくるでしょう。ラオス女性は素朴ですから結婚そのものを真摯に受け止めています。結婚を利用し出稼ぎ目的や失踪などは覚束ないでしょう。性格が素直なため男性次第で変わってくるのも魅力だと思います。

ラオス女性は殆ど借金を抱えていない

ラオス社会では借金をするのが難しく、そのため借金をする習慣は殆どありません。
有っても親戚から借りているか、バイクの借金程度で多額の借金を抱えているのは少なく日本渡航後の金銭的リスクはありません。

日本渡航後の仕送りについて

女性にもよりますが、仕送りは原則的に「1年間のみ」でよく、男性の経済的負担が少なく済むのも特徴です。因みに他国と比べると、借金の有無、仕送りの有無、またラオス女性の無理強いをしない性格等を考慮するとトータル的に金銭的負担は軽減されると思います。

異性関係が乱れていない

ラオスでは、婚前交渉、婚姻後の不倫は刑事罰の対象となっています。ラオス女性も道徳心を持ってけじめをつけているようで男女交際は結婚が前提です。そのためか10代の独身女性はピュアな女性が多く20代でも珍しくはありません。また結婚後は妻としての自覚が強くなるのも特徴でしょう。

家庭的な女性を好み家庭を癒しの場にしたい方

ラオスはまだまだ女性の社会進出が遅れているため、結婚後は主婦になり家庭を守るとの習慣が根付いています。その意味で家庭的な性格と、とても穏やで素直な性格を持ち合わせているラオス女性との結婚は安定した家庭が作れるでしょう。

国柄と個人同士の結婚は別

ラオスは社会主義国ですが、非常に治安が良く国民は穏健で素朴です。日本も戦前は軍国主義で怖いイメージが有りましたが、国民は勤勉でやさしい素朴な女性が多くいました。やはり国のイメージで個人を見てしまうのは無理が有るでしょう。

年の差について

ラオス女性の多くが中高年の男性を希望しているのが現実です。大人であるという考え方が大きな要因のようです。ラオス女性は18歳を過ぎてくると結婚を意識し家庭に収まるのが普通ですし、日本人が考えている以上に年の差には抵抗を感じていません。
今の日本人の感覚からは理解し難いものがありますが、昔の日本と同じで女性の社会進出が出来ていないのが原因でしょう。年の差が有っても結婚できるのは無垢なラオス女性の魅力でもあると思います。

ラオス女性はお金よりも夫婦関係に価値を置く

一般的にラオス女性が外国人と結婚を望むのは贅沢をしたいとかではなく普通に生活が出来れば良く、それ以上のことは考えていないようです。それが先進国に染まっていないナチュラルな女性の特徴かもしれません。ラオスの女性は自国の男性に対していろいろな意味で不信を抱いている女性も多く、相手との結婚に慎重であり夫婦の人間関係に重点を置いています。

ラオス人とタイ人との違い

ラオスとタイは隣国同士で宗教文化、生活様式は似ていますが、国の方針、環境、教育は異なります。タイは自由な国に対してラオスは規制社会です。個人の性格は育った環境によって形成されます。ラオス人はタイ人以上に慣習にこだわります。また規制社会の中で生きているラオス人は狡賢くなく社会秩序や約束事を重んじ人間関係を大事にしています。貧困の割りに治安が良いのもラオス人の性格を現しています。私の経験上橋(国境)をたった一つ渡るだけでそれぞれの国民性が異なるのが私の偽らざる感想です。

ラオス女性の人間性について

日本人は真面目な反面、複雑(裏表)なところが有る様に感じます。その意味でラオス人を複雑に捉えてしまい逆に相手から信頼してもらえず人間関係がスムーズにいかず悩んでしまうケースがあります。しかしラオス女性は裏を余り考えない性格で結構人から騙されやすいお人好しです。相手を知る努力をしていけば意外と分かりやすい人間性であることがお分かりいただけると思います。

ラオス女性をお薦めする理由

国際結婚するならラオス女性!?

国際結婚の場合女性側が起しやすいトラブルとして「同胞男性との不貞行為」「新婚旅行や日本一時渡航などでトラブルになり結婚が破綻するケース」「プライドが高い」「里帰りしたら長期間日本に帰国しない、又は頻繁に里帰りする」「自分の価値観を押し通す頑固な性格」「自分中心で行動する」「多額の借金の発覚」「妻が来日しない」などが主な男性の悩みの種でもあり、離婚の原因にもなっています。
東南アジアも経済発展が著しくトラブル内容が変わりつつあるようです。
今のところラオス女性は、こういった問題を引き起こす事は、有り難いことに殆ど有りません。ラオス女性は温厚で素朴だからでしょう。
また、通常国際結婚の場合は結納金の返還などは期待できないのですが、ラオスやミャンマー女性の場合、誓約書に違反した場合は誠実に結納金などの返還に応じています。5年の実績から見てもラオス国際結婚は来日前来日後でもリスクが低いのは弊社の嘘のない実感です。
その意味においてリスクの少ないラオス国際結婚が増えているのが現実で、安心できる国際結婚の誕生と言えると思います。

ラオス誓約書は公文書

婚約時に交わす各国の誓約書は民間レベルですが、唯一ラオスの誓約書は国が作成した公文書になります。ラオス女性が結婚後の不貞行為、正当な理由なく婚約解消した場合の結納金返還及び損害金を支払う、などの内容が盛り込まれており、公文書になりますから絶対的な効力があります、悪質な場合は刑事告訴も可能であり、女性及び両親も結婚に関しては真剣に取り組んでいます。

我慢強さがある

国際結婚で価値観の違いが離婚の原因になっているのは否定出来ない事実です。経済発展して来ている国の女性などは「日本女性と殆ど変わらない価値観である」と理解しないと離婚に発展するケースは珍しくありません。ラオス女性の特徴は我慢強さでしょう。その第一の要因は東南アジアの中でも貧しく厳しい環境の中で独特に養われたものかもしれません。
来日後男性との多少の人間関係の拗れや、来日後のホームシックを乗り越えている女性が殆どで、価値観の違いなどもご夫婦同士話し合いで解決が多いようです。

とにかく素直なラオス女性

性格的な問題であり一概には言えないのですが、タイに比べるとラオスは20年近く遅れている印象で10代、20代前半の女性は多にして先進国の価値観に染まっておらず素直で純粋です。
金銭的価値観や夫婦喧嘩など話し合えば分かってもらえるのがラオス女性です。金銭的に毅然とした態度で対応できるのもラオス女性の特徴でもあります。

年の差を余り気にしない

ラオス女性にもよりますが、男性との年の差は気にしない女性が多いようです。安定感を求めているようです。弊社で結婚したラオス女性は10代後半から20代前半で日本人男性との結婚生活は概ね安定していて子宝にも恵まれているご家庭が多く有ります。若い女性の場合計算がなく裏表がないのが良いのかもしれません。

来日後のリスクについて

来日後のリスクとして失踪や、最近多くなっているのが失踪とまで行かなくても日本国内の同胞を頼って他所で働くなどして、新しい同胞の男性を作る女性も少なくありません。事情は有るのでしょうが離婚の原因になります。
その点ラオス女性を紹介して5年以上経ちましたがそういった案件は一件も報告を受けておりません。ラオス女性はそこまでする大胆さは持っていません。
万が一日本国内においても女性が不貞行為を働いた場合は、公文書である誓約書を基本にして、結納金返還と慰謝料の請求は可能と考えられます。
またどうしても男性と上手く行かない場合は一旦帰国するケースが殆どです。ラオス女性は離婚よりも前向きにもう一度やり直しを考える女性が多いのが偽りのない事実です。

最後に

国際結婚を望まれる日本人男性の場合、一般的に女性に求めるものは優しくて家庭的で出来れば昔の日本人女性のような素直な女性と結婚したいと考えています。
しかし経済発展してきますと東南アジアの女性と言えども自立してきますので嫁いだ環境や自分と相性が合わないと簡単に離婚になるようです。因みに学歴や教養を決して否定するものではないですが、反面お互いの価値観がぶつかり合い離婚になるケースが多いのも、最近の国際結婚の現実でもあるのです。
ラオスは内陸国で経済発展が遅れていていますので、特に田舎の若い女性は価値観がまだ出来上がっておらず素直です。平凡で家庭的な女性と結婚したいのであればラオス女性はお勧めです。

ラオスの国民性及び女性の特徴
ラオスは日本人にあまり知られていないようです。ラオス人は平和を好み争い事を嫌う穏健な国民性です。多少政府に対して不満があっても、デモ、暴動など大きな事件を起こすことが有りませんので、日本のメディア等で報道されないのも一因でしょう。
政情が安定していて、平和な国がラオスなのです。治安も良く、ひったくり、強盗など殆ど聞きません。カントリーリスクの低い国です。

穏健で寛容な人々

穏健で争い事を嫌い、大らかで寛容な人々と称されています。
またそれがラオスの平和を保っている要因でしょう。

金銭に執着がない

金銭にあまり執着を持っていません。
「経済発展が幸福をもたらすわけではない」との政府の教育が背景にあります。

慎ましく一生懸命

ラオス人の最低賃金が3000円強とミャンマーと並び低く、物価はタイ以上に高い環境で暮らしてるため、一生懸命さが見え隠れしている印象です。

純朴で明るく気さくな性格

厳しい経済環境で生活しているラオス女性ですが、卑屈になることなく、純朴で明るく、社交的で、とても気さくな性格で癒されるでしょう。
(ラオスの国民性は、タイを始め周辺国からも好かれ実直さ、素直さも認められています。)

昔ながらの文化、習慣を重んじる

ラオス女性は敬虔な仏教徒が多く、温厚で昔ながらの文化、習慣を重んじ古風的です。今のタイ人の2、30年前の古風さを持ち合わせていると言っても過言ではないでしょう。

素朴な女性たち

森と山の自然に囲まれて育っているラオス女性はまだ経済至上主義(拝金主義)的ではなく、打算性もなくそのゆえ駆け引きが得意ではない素朴さがあります。

欲に長けていない国民性

アジアでも稀に見る欲に長けていない国民性です。

色白で性格も控えめ

ラオスの女性は一般的に色白が多く、性格も控えめ素朴で、まだ擦れていないのが非常に魅力的です。

忍耐強い性格

ラオス女性の多くは農業兼勉学に従事又は経験しており、その過程に於いて我慢強さと忍耐を養っています。

勤勉さを身に着けている

ラオス人は最近教育に価値を置き、生活環境の大変厳しいなかで高学歴を目指し勤勉さが見受けられます。
(ラオスの教育制度は、義務教育の小学校が5年であり以後は中学校が3年高等学校が3年の5・3・3制を採用しています。 それ以後の高等教育を受けるには、3年間の高等専門学校に進むか、5年間の大学レベルの機関に進学することになります。)

家庭的な女性たち

一概には言えませんが、ラオスの女性はお人好しで駆け引き等が上手ではありません。高学歴と言ってもキャリア的とか、商売上手とはいえません。
どちらかというと家庭的な側面が強いでしょう。

異性交際に厳しい社会

ラオスは現在でも、婚前交渉、婚姻後の異性との不純交遊は厳しく処罰の対象となるため、ラオスの女性は異性関係に対して道徳観念を強く持っているのも特徴の一つでしょう。

ラオス会員は田舎に住んでいる純朴な女性が中心

弊社の女性会員は、ビエンチャン市内というより田舎に住んでいる女性を優先的に登録しているのが特徴です。
田舎の女性は情に厚く、まだピュアで都会擦れもなく真剣に日本人との結婚を考えているからです。今後も都会に住んでいる女性よりも田舎に住んでいる純朴な女性を紹介してまいりたいと考えています。

   
Copyright (C) 2003 JAPAN ASIAN MARRIAGE KIKAKU. All Rights Reserved