タイ、ミャンマー、ラオス女性とのお見合い、国際結婚をサポート。信頼第一のスタッフが心優しいタイ人女性をご紹介いたします。

アジアンマリッジ企画 タイと日本の国際結婚を応援いたします

ホームへ戻る
安心の国際結婚サポート
テレビお見合いについて
new
東京オフィスについて
ラオス友好の会
new
ラオス業務提携のご案内
会員様専用ページ
フォトアルバム
結婚情報センターつくし会
国際結婚Q&A
タイの女性について
お見合いから結婚まで

new
ラオスのシステム
セキュリティ
RapidSSL Site Seal
当サイトは128bit-SSL暗号化によるセキュア通信が提供されています。SSL通信中はウェブサーバとあなたのブラウザの間は最高レベルの暗号化によって、第三者からの盗聴・改ざん・成りすまし等から保護されます。
プライバシーポリシー
ご入会はこちらから
会社概要
特定商取引法
資料請求
お問い合わせ
感想やご要望をお気軽にどうぞ
国際リサーチ
リンク集
行政書士 つくし中央法務事務所
ご挨拶
 
 
ミャンマー人女性国際結婚サポートについて

平素は弊社ホームサイトをご利用頂き、厚く御礼申し上げます。

さて、私の妻でありますイアイナーン清水(ミャンマー人)の協力を得まして ミャンマー女性との国際結婚の準備を以前より進めてまいりましたが、この度 現地に於いて準備が完了し、日本人男性の理想像でありますミャンマー女性をご紹介出来る運びとなりました。

因みにミャンマー女性の気質としまして一般的に以下の事があげられます。
(ミャンマー人の素顔も参考にお読みください)

従順で控えめで謙虚、夫を立てる事を第一とする。
忍耐強い。
勤勉で真面目。
気性が優しく、夫にあまり逆らわない。
保守的、信仰心が強い。
貞操観念が強く、結婚に対する概念が非常に重い。
倹約家で贅沢をしない。

当然、性格に個人差は有るものの、現在ミャンマーはタイよりも貧しく物も豊ではありません。しかしその分我慢する事を知っています。

又、生活が決して楽ではないにも拘らず、プライドが高く,金銭的マナーの良い人が多いのには驚きです。

そんなミャンマー人と私も約3年の期間ですがふれあいを通して、今までタイ人をお世話してきた経験から日本人男性が求めていた女性の理想像が、今のミャンマー女性にしっかりと備わっていると確信した次第です。

そんな性格の良いミャンマー女性ですが、保守的で「結婚」という二文字を日本人以上に重く受け止める国民性だけに会員募集に困難を極めているのも事実です。ミャンマー女性は一旦離婚したり、死別であっても基本的に再婚をしない女性が未だに多いのです。「私の夫は最初の人だけ」と、そういった古風なところが一杯のミャンマー女性との結婚は色々な面で困難を伴いますが、私の経験を踏まえながらしっかりサポートをしてまいります。

弊社と致しましても、今後お客様の価値観、又は理想の女性像をご相談頂ければ、それに近い女性をご紹介出来る選択肢が広がったと思っています。

又、タイ女性とは違うミャンマー女性の魅力を日本人男性にぜひ知って頂ければと思います。

従業員一同、気持ちも新たにより良いサービスを目指して努力してまいります。

今後共倍旧のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

末筆ながら皆様のお越しを心よりお待ち申し上げまして御挨拶とさせて頂きます。

タイファインドマリッジ株式会社 清水絹三

 
 

チェンマイ、チェンライでロングステイ

通常タイでロングスティを希望する場合、タイ人の女性と結婚される方が多いのですが、弊社では、現在日本人と相性が合うミャンマー女性とのロングスティをご提案させて頂いております。

ミャンマー女性でもタイ北部のメーサイ、お隣のタチレク、チャイントンに居住していますシャン族の女性と、日本人に人気の高いタイ北部チェンマイ、チェンライ県でのロングスティです。

ご提案の理由
シャン族はタイ語の読み書きができる人が多く、タイで一緒に住むには特段支障がありません。
シャン族の女性は一般的に気性が穏やかで、夫に対して従順であり、
日本人との相性はすこぶる良好です。
容姿的に色白で、日本人的顔立ちの女性が多く日本人から好まれるようです。
ミャンマー系の女性は金銭的に無理強いしないのも大きな理由です。
タイ北部にはシャン族と結婚されて、一緒に住んでいる日本人が結構いますので孤独感はありません。
チェンマイ、チェンライ県は、気候がよく、山などの自然がたくさん有り、空気も新鮮で多くの日本人が住んでおります。
チェンマイ、チェンライは国際空港がありますから、日本までの交通が便利です。

因みに、シャン族女性とタイ国内及び日本へ自由に行き来するには日本で入籍をしなければなりません。

そして日本人配偶者となれば、タイ国内の何処へでも自由にお2人で住むことができます。

日本入籍、在留許可申請、日本大使館のビザ申請まで、弊社がサポートしてまいります。

尚、日本人の方のタイでのロングスティビザ(50歳以上)の申請手続きは別途になりますので予めご了承ください。

奥様のタイロングスティビザは、日本人配偶者として簡単に取れますのでご心配は要りません。


ご注意!!

ロングスティヤーに対し日本人が言葉巧みに近寄り、コンドーの売買、儲け話の持ちかけなどで、被害に遭う日本人の方が多々おられます。

現地法人のみの会社ですと、不都合やトラブルが発生したときには外国とあって法律の問題などの壁にぶつかり、泣き寝入りしているのが現状です。

従いましてトラブルが発生したときには、日本に苦情などを申し立てのできるしっかりした会社、事務所のある業者選びがコツです。国際結婚業者も同様と考えます。

因みに、シャン族の女性と結婚されてタイでの住居、お困りごとなどございましたら、日本の合同事務所を通じるなどして弊社でご相談承ります。

   
Copyright (C) 2003 JAPAN ASIAN MARRIAGE KIKAKU. All Rights Reserved