タイ、ミャンマー、ラオス女性とのお見合い、国際結婚をサポート。信頼第一のスタッフが心優しいタイ人女性をご紹介いたします。

アジアンマリッジ企画 タイと日本の国際結婚を応援いたします

ホームへ戻る
安心の国際結婚サポート
テレビお見合いについて
東京オフィスについて
ラオス友好の会
ラオス業務提携のご案内
会員様専用ページへログイン
フォトアルバム
結婚情報センターつくし会
国際結婚Q&A
タイの女性について
お見合いから結婚まで
ラオスのシステム
セキュリティ
当サイトではFujiSSLのSSL証明書を使用し、常時SSL暗号化通信を行っています。 FujiSSL サイトシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。
ご入会はこちらから
会社概要
主な顧問先
特定商取引法
個人情報保護方針
免責事項
資料請求
お問い合わせ
感想やご要望をお気軽にどうぞ
国際リサーチ
リンク集
行政書士 つくし中央法務事務所
お客様の声

  

このページでは 男性会員様からいただいたお声をアップしていきます。  

                          アジアンマリッジ企画

 

                              

M様の声
2020-09-28 11:49:44

幸せ通信  20200922発第4号

昨年12月29日に妻が来日し、新婚生活がスタートしました。

しかし、3月に里帰りさせたところ、コロナが急速に拡大し、

飛行機はなくなり、国境は閉ざされました。

幸せの絶頂から、後悔と不安のどん底へ・・・

その後、清水めぐみさんをはじめスタッフの皆様のお力添えで

臨時便に乗ることができ、4月6日、奇跡の生還を遂げ、

二人の生活をとりもどすことができました。

そして、9月22日(火)、妊娠6か月健診です。

妻は、 「すぐ びよういんの ひが くるね」 と少し面倒そうです。

でも、私は健診が楽しみです。

それは、赤ちゃんの成長が実感できるからです。

コロナの影響で診察室には、私は入れません。

しかし、妻の日本語はだいぶ上達していて、あまり心配いりません。

診察を終え、妻が私に報告しました。

医師が、妻に問いかけました。 「赤ちゃんは、動きますか?」

「はい よく うごきます」 「赤ちゃんは元気ですよ。目がおっきいね。」

そして、ついに妻が聞きました。

「おとこ ですか? おんな ですか?」「うーん、女の子。」

妻は、ずっと前から、女の子がいい、と言っていました。

私は男の子でした。  妻は私に聞きました。 「うれしい ですか?」

「もちろん、嬉しいよ。」 「うそ うそ」  なかなか、信じてくれません。

「本当に嬉しいよ。」  

正直、私は、元気であれば男でも女でもどちらでも嬉しいのです。

赤ちゃんの名前は、かなり前から決めています。

男の子の名前は漢字2文字、私が考えました。

女の子の名前は、ひらがな3文字、妻が考えました。

これからは、妻の大きくなったお腹に向って、「赤ちゃん」ではなく、

名前で呼びかけることができます。  

はれて女の子とわかり、これからベビー用品をそろえていきます!  

2020年9月26日更新

K様の声
2020-09-28 11:44:40

そして今朝は妻から掃除機のかけかたを習って

一歳8ヶ月で掃除機デビューも果たしておりま〜す(笑)

今妻は娘にいろいろなお手伝いをさせていて

それが上手に出来た時には日本語シャン語タイ語そして時には中国語で

ありがとうと言って拍手喝采していますもの。

  

あと妻は娘に英語も教えたいみたいですよ。

勉強に飽きた娘は落書き中で〜す(笑)

自分の娘ながらなんかとっても愛らしいですゥ。

     

     2020年9月24日更新

K様の声
2020-09-24 12:12:21

日本は4連休になりましたのでGo to キャンペーンでどこもかしこも蜜たらけ。

なので今週は自宅でくつろいでおりますゥ。

昨夜は娘が自宅焼肉デビュー致しましたァ。

まだ自分で焼き上がった肉を自分で取ることはできませんが…

でも熱いホットプレートで火傷する事もなく

お利口さんに母親の差し出す肉や野菜を美味しそうに食べていましたァ。

    2020年9月23日更新

K様の声
2020-09-13 15:18:44

夏の終わりにブルーベリー狩りに行ってきましたぁ。

蜜を避けるため時間制で他のお客さんとカブらないよう

配慮してくれてるので安心して妻は楽しんでいるみたいでしたァ。

ここ大阪の地で知り合った中国人の友達に

ブルーベリーってものが目に良いと聞いたみたいで

早速ねだられましたァ(笑)

     

      2020年9月13日更新

K様の声
2020-09-01 12:46:05

新しいご夫婦に赤ちゃんがお生まれになったり

厚地さんたちのお仕事でもオンラインでのお見合いがスタートしたりで

また少しずつ幸せなカップルを誕生させてあげる事ができてよかったですね〜

私たち家族もコロナの中何とかやっておりますゥ。

コロナは気になりますが自宅近くの公園に娘と出かけたら

回りの子供達がウチの娘を可愛がってくれて嬉しい限りですゥ

     

2020年9月1日更新

M様の声
2020-08-29 23:44:38

ご無沙汰しております。

赤ちゃんが生まれましたのでご報告させて頂きます。

女の子です。アジアンチルドレンです。

嫁が来日してから、毎日がとても幸せです。

赤ちゃんが生まれて、さらに幸せです。

赤ちゃんがこんなにかわいいものだとは想像もしませんでした。

嫁は優しく思いやりがあり、忍耐力も度胸もあります。

判断力があり、安心感を与えてくれます。

とても素敵な嫁を紹介して下さり、誠にありがとうございます。

清水さん達は、コロナで苦労されていると思いますががんばってください。

清水さんたちも、コロナに負けすがんばってください。

今年、私の親類だけでも、アジアンチルドレンはあと二人います。

うちも含めると、今年だけで3人です。ありがとうございます。

  

2020年8月29日更新

K様の声
2020-08-09 13:30:01

ここ大阪も毎日毎日200人越えのコロナ感染者が増え続けるし、

また毎日毎日タイ並みに暑苦しいわでもうウンザリですゥ。

なので我が家にとって最良のい感染防止策と

涼しさを味わえる方法は無いかと考えた結果これにたどり着きましたァ。

ウチのマンションは比較的バルコニー(ベランダ)が広いので

娘が満足して喜びそうな大きなビニールプールを設置する事ができましたァ。

サイズはセミダブルベッドくらいの物です。

娘も大喜びでそれを眺める私もそして娘と一緒に水遊びをする妻も

嬉しそうにしてくれていま〜す。

        

2020年8月9日更新

K様の声
2020-08-02 23:05:11

このコロナウィルスは大阪も東京並みに感染が拡大してきつつ

ありあんまり安心して暮らしていけない状況ですゥ。

妻は娘がいるので私たち日本人以上に慎重で

感染拡大に恐怖を感じているようです。

でも、あまりにも外出しないのは精神衛生上よくないので

人手の少ない場所を選んで今日行ってきましたぁ。

お花畑に三人で出かけてきましたぁ。

娘が歩き出したので靴を履いて嬉しそうにしているところを見ると

妻と二人喜びを感じております。

私たち家族はこんなコロナの真っ只中であっても

いつもどおり幸せな日常を送らせてもらっております。

     

    2020年8月2日更新

K様の声
2020-06-22 10:50:50

緊急事態宣言が解除されたとはいえ妻はまだまだ慎重で

娘の外出も許可してくれません。

なのでいつの日も自宅で楽しくを実践中ですが、

でもそれにも飽きがきたり限界がありますので

この日は将来の運転免許取得に向けて妻の自動車教習を始めましたァ。

車の教習は自宅から約1時間程のところにある公道ではない

広い原っぱまで行き遊園地のゴーカートのように自由に走らせていま〜す。

あいつ実家のムンヤンやメーサイでもいつかは車を運転したいらしく

まずはその第一歩と云う事になりました。

だけど助手席に乗る私と娘には公道ではないにせよハラハラドキドキですゥ。

この娘の不安そうな顔の表情を見てやって下さ〜い(笑)

  

     2020年6月22日更新

M様の声
2020-05-24 23:42:50

清水めぐみ様

おはようございます。 いつもお世話になっております。

東京のコロナ感染症もだいぶおさまってきたようです。

少し安心しながら、久しぶりに、「幸せ通信」をお届けいたします。

 

幸せ通信 20200524発 第3号

【金の結婚指輪】

妻には、ラオスで婚約式を挙げた時にプレゼントした

金の指輪がありますが、私にはありません。

昨年12月に来日してから、妻と「ペアの結婚指輪をつくろうか?」

と話したこともありました。

しかし、私は、指輪を着けたことがなかったので、痒くなったり、

圧迫感があったりするのではと思い、少し迷っていました。

 

3月20日、妻はラオスに一時的に里帰りをしました。

しかし、コロナウィルス感染症が急激に拡大し、

帰国の目処が全く立たなくなってしまいました。

私は、毎日、大きな不安と心配の中、

こんな時期に妻を里帰りさせてしまったことに、自分を責め続けていました。

「妻が無事に帰ってこれたら、今度こそ結婚指輪をつくろう。」

私は、何度も思いました。

 

その後、清水めぐみさんをはじめスタッフの皆様の御支援により、

妻は臨時便に乗り、4月6日、無事に日本に戻ることができました。

 

そして、5月21日、ついにペアの結婚指輪をつくりました。

結婚指輪はプラチナかと思っていましたが、

妻が、「ラオスでは、みんなゴールドが好きです。」

というので、金の結婚指輪にしました。

     

もう、妻を二度と離しません。 ずっと一緒です。

2020年5月24日更新


   
Copyright (C) 2003 JAPAN ASIAN MARRIAGE KIKAKU. All Rights Reserved