料金システム(タイ)

料金の内訳

お見合いのための諸費用(3泊4日)・・・10万円(添乗員無し)

宿泊費(朝食付) 3泊分(宿泊はコンケン市内のホテル)
お見合い経費 女性の宿泊費/交通費(お見合い当日)/通訳費
健康診断料(女性のみ) HIV他

コンケン空港にて現地スタッフがお出迎えいたしますのでご安心下さい。
※ 添乗員ありの場合・・・18万円となります。
(添乗員諸経費として日本国内交通費・宿泊費・日当・食事代が含まれます。)

●上記に含まれない費用
1.日本からバンコクーコンケンまでの往復航空券
※ 添乗員をご希望の方は2名分のご購入をお願いいたします
※ ご希望により各支社での航空券手配も可能です
2.自宅から空港までの交通費
3.女性とのデート代
※ 食事代、お見合い当日以外の交通費等
4.バンコク空港税

結婚式から花嫁来日までの費用・・・140万円

現地交通費 コンケーン市内
宿泊費(朝食付) 3泊分(宿泊はコンケン市内のホテル)
結婚式、披露宴コーディネート 結婚式、披露宴をコーデイネートいたします
婚姻書類の翻訳費、
手続き代行費、
花嫁査証申請費
バオチャンヤー法律事務所が代行して全て行います。
男性は市役所への婚姻届提出と最寄りの入国管理局への書類提出のみを行って下さい。
弁護士手数料 お二人の婚約成立時、誓約書を交わす際に弁護士が立ち会います。
支店手数料 日本事務局、現地法人の手数料です。
その他 女性募集活動費/通信費/人件費/通訳費など

※ 新婦来日航空券は価格変動があるため、別途費用とさせて頂きます。
※ ご両親やご友人等が同行の場合はホテル代など全て実費です。直接現地にてお支払ください。

●上記に含まれない費用
1.日本からバンコクーコンケンまでの往復航空券
※ ご希望により各支社での航空券手配も可能です
2.自宅から空港までの交通費
3.海外保険料
4.婚約金(5万B 金を含む)
5.女性へのプレゼント費用(お2人でショッピング、約7000バーツ)
6.女性とのデート代
※ 結婚式翌日以降の観光、通訳、食事代、交通費等
7.HIV検査費用(1500バーツ〜1650バーツ位・男性・婚約式当日)
8.結納金(女性または女性のご両親に直接お渡し下さい。)
9.結婚式。披露宴費用
※ 女性側とご相談ください
10.日本語授業料
11.女性の生活費 毎月1万バーツ〜
※ 女性側とご相談ください
(アパート代が別途かかる場合があります。遠方の女性のみ。)
12.新婦来日航空券(新婦来日のための航空券の代金です。)

現在、金製品の相場が著しく値上げしており、女性からグラム単位で購入を要求されますと、かなりの割高になりますので、女性の希望により現金または金の購入となります。

●オプション 金額はお尋ねください
写真撮影(プロ)
結婚式のDVD撮影
男性貸衣装

運転免許証取得(タイ国内臨時免許)
*1年後、タイ国内にて正式免許証切り替えと同時に 国際運転免許証取得。

日本国内運転免許証に切り替え可
*学科10問、実地試験有り
お支払い方法
第1回のお支払い
10万円(お見合いのための諸費用・添乗員無し)
→ お見合いのための渡航日の14日前までに指定の金額のお支払いをお願いします。
第2回のお支払い
110万円(結婚式・披露宴等の準備費用)
→ 婚約が決定し帰国した翌日より7日以内に結婚式、披露宴等の準備金として110万円のお支払いをお願いします。
第3回のお支払い
30万円
→ 結婚披露宴が終了し、帰国後7日以内に残金30万円のお支払いをお願いします。
3回コースプラン
弊社は、素朴で素直な女性をご紹介出来ますよう 最大限の努力をしておりますが、「余り現地の女性を 知らない」、「お見合いをしてからすぐに婚約ということに不安がある」などの方の ために3回コースを ご用意いたしました。
* 資料請求でお送りする資料に記載しています。 資料請求はこちら >>

3回コースの概要

第1回目 お見合い渡航(3泊4日)
現地女性の実像を男性の目でお確かめ頂くためにご希望の国への渡航をお願いいたします。
結婚の条件、お互いの価値観、仕送りなどを話し合った上で、お二人が合意すれば、お電話、Eメール、ラインを使ってのビデオなどで交際をスタートします。
その間、言葉の壁などのサポートは現地スタッフがフォロー致しますのでご安心ください。

*交際期間中に結婚の意志が固まった場合は、 2回渡航コースに変更し、2回目の渡航で結婚式又は婚約式(ラオス) を挙げることも可能です。 (2回目の費用は、発生いたしません)
* 交際期間は最長2ヶ月間とさせて頂きます。
* 現地の状況を見て2回渡航コースから3回コースにも変更可能です。
 
第2回目 婚約の為の渡航(3泊4日) 交際スタートから2ヶ月以内
男性に婚約の意志が固まれば、女性の両親に正式にお会いして頂き婚約の意向をお伝えします。
その時点で次回の結婚式の日取りを決めて日本への帰国となります。

* 男性の希望により、3回目のご入金確認後、タイ、ミャンマーは「婚姻手続開始」も可能です。ラオスは婚約式後となります。
 
第3回目 結婚式の為の渡航(3泊4日)
御婚約後、2ヶ月以内を目処に結婚式又は婚約式(ラオス)のための渡航をお願いいたします。

3回渡航を生かすコツ

交際期間中のどんなささいなことでも、又感じたことなどを記憶に留めておき、 日本事務所,またはタイ本社のスタッフまで遠慮せずにご相談頂くことが大事です。弊社が今まで培った経験を基に出来る限りの適切なアドバイスをさせて頂きます。

各国費用

婚約のための諸費用・・・タイ6万8千円、ラオス10万円、ミャンマー10万円
 
現地諸経費 通訳費/現地スタッフ諸経費/デートサポート費用

現地空港にてスタッフがお出迎えいたしますのでご安心ください。

●上記に含まれない費用
1.日本から現地までの往復航空券
2.自宅から空港までの交通費
3.女性とのデートに掛かる諸経費およびホテル代実費
 
各国費用
>>> タイ料金システム
>>> ラオス料金システム
>>> ミャンマー料金システム