タイ女性をお薦めする理由、イーサン地方の女性の特徴

タイ女性が日本人を選ぶ理由

タイ人の98%が日本を友好国とみています

タイ人の98%が日本を友好国とみています
在タイ日本大使館の調査によると、98%ものタイ人が日本を友好国とみなしており、実にASEAN5カ国中第1位の親日国なのです。
王室同士が親近感を持っており、タイ王室はタイ人の誇りです。
タイ王室と日本皇室は親密な関係にあることをタイ人はよく知っており、日本に親近感をもっています。

戦争による反日感情が無い国民性

戦争による反日感情が無い国民性
第二次世界大戦では、日本とタイは同盟国だったために、タイの戦争による傷跡は少なく日本に対しても反日感情がありません。
また、学校教育でも日本人に対して好意的な説明をしています。日本人を歓迎してくれる国なのです。

タイの発展のための模範に日本人を示しています

『日本人と聞いて思い浮かべる言葉』(読売新聞調査)としてタイ人に調査したところ、「勤勉」「安定した経済環境」「先端技術」「愛国心」「団結」「時間に厳しい」等の言葉が挙げられました。タイの発展のために模範にしたいと日本人を見ていることを示しています。

タイ女性が好印象を持つ日本人男性

親日的なタイでは、女性は日本の男性に対して「責任感がある」「よく働く」「真面目」「優しい」「生活力がある」などの好印象をもっています。 それに比べて、タイ人の男性は、昔から愛人(ミア、ノーイ)を持つことは、慣習的と言っていいくらいでした。現在でもその習慣は多かれ少なかれ残っており、結婚したあとにも夫の浮気や、愛人のもとに走ってしまうケースが後をたちません。残された妻は子育てや経済的な面で大変な負担がかかり苦労をしているので、タイ人の男性に対して不信感を抱いているタイ人女性も多くいるのが現実です。

タイ女性は相手の人間性重視。年齢差も気にしません

タイ女性は、結婚の相手に金銭や容姿よりもまず人間性を重視するのが特徴です。
また、年齢差も20歳以上でも普通に考えています。それはタイの田舎に住む女性ほどその傾向が強いようです。一方、年下や不潔な人は嫌われます。タイ人は清潔好きなのです。
イサーン地方の女性
当社はタイ女性の中でもイサーン(タイ東北地方)の女性が特に日本人と相性が合うと信じ、イサーンの中心地・コンケーン県に本社を置いて女性を募っております。

イサーン地方(タイ東北部)コンケーン県とは

コンケーン県
タイ東北部イサーン地方の中心地コンケーン県は、バンコクから飛行機で約40分(約440km)の距離にあります。イサーン地方のほぼ真ん中に位置するために、北のウドンタニーノンカイや東のカラシンなどに向かう交通の要所ともなっており、東北部で唯一の総合大学があります。

農業が主な産業。つつましく人情味豊かな女性が多い

コンケーン県の基幹産業は農業。そのためか、人々には素朴で豊かな人情味が残っています。
また、イサーン地方の女性は男性と比べてとにかくよく働き、1日12時間以上働くことは日常的です。その一方でゆったりとしてる一面もみられ、その生活は無駄がなくつつましいものです。
現代社会が失いつつある素朴で大切なものがここ東北部にあるといえるでしょう。

色白で日本人に似た容姿 優しく明るい県民性

この地方はラオス系に属し、色も白く容姿もさほど日本人と変わりません。 また、タイは世界でも有数の食料が豊かな国であり、多少貧しくても食料に不自由することがありません。そのために先進国にみられるような拝金主義に染まることが無く、特にイーサン地方・コンケーン県では都会に比べると無理な金銭要求もしない融通のきく県民性がみられます。

また、これはタイ女性の全般にいえることですが、明るく人なつっこい笑顔で、性格は優しく尽くしてくれるところなどは、今では少なくなった昔の日本の女性像と重なります。そこに惹かれる日本人男性が数多くいます。

相互依存型文化。95%以上が仏教徒の土地

主食はくせがなく美味しいもち米。青いパパイヤを使った、ソムタムといわれるサラダが有名です。
宗教は、昔ながらの伝統で約95%以上が敬虔な仏教徒です。
また、 イサーン地方の農村の文化は、稲作や、村の寺や貯水池などの建設の際にはお互いが助け合って共同作業をする相互依存型の文化です。従って個人的に困ったときにでも、お互いに助け合っていくという精神が根強く残る、昔の日本の地方を思わせる土地柄です。